カテゴリー別アーカイブ: 学校

学校に同じ競技の部活動が2つ以上あれば部活動を辞める生徒は減少する

中学校や高校の学生時代に何らかの部活に所属していたという人は多いと思う。僕は中学校・高校ともに陸上部に所属していたので放課後は毎日陸上競技場に通って練習に励んでいた。

そんな学生時代に多くの人が経験する部活動について一つ言いたいことがある。それは、同じ部活が1つの学校に2つ以上あっても良いじゃない、ということだ。(※以下の内容は、部活は強制参加ではなく自由参加(帰宅部OK)であるという前提の元に書かれています。僕の生まれ育った地域ではそうだったので。)

続きを読む

人命よりも部活や仕事が優先される日本社会

先日から何度か記事にしている大阪市立桜宮高校でバスケットボール部の主将が顧問からの体罰が原因で自殺した事件について今日も触れたい。

自殺の後からバスケ部の活動が無期限停止になっているようだけど、一部の部員からは「早く部活を再開したい。」という声が挙がっているらしい。ニュースでこれを知ったとき、正直言って僕はドン引きしてしまった。

続きを読む

大阪市立桜宮高校の体罰自殺事件。学校内に独自ルールが蔓延る村社会日本

大阪市立桜宮高校の男子バスケットボール部でキャプテンを務めていた男子生徒が顧問教師からの体罰を苦に自殺した事件が話題となっている。生徒を自殺に追い込むまで「指導」と称して体罰を繰り返していた点や周りの教師がそれを知りながら黙認していた点、校長が生徒の自殺後まで体罰の事実を把握していなかった点が問題視されているようだ。

今回、生徒が自殺してしまったことにより問題になっているが、もしそのまま体罰に耐えながら学校生活を送っていたら生徒が卒業するまで(そして卒業した後も)体罰は厳しい部活動の一環として注目されていることがなかっただろうと考えると非常に恐ろしいことだと思う。

続きを読む