大学成績から「耐える力」を見い出し新卒採用に臨む企業

12月18日(水)のNHKおはよう日本で大学新卒者の就職活動&採用活動に関する特集があった。

就活・見直される“大学の学業成績”
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/12/1218.html
※リンク先の内容は当該の特集が文字起こしされたもの


大学新卒者の就職活動における採用基準としてコミュニケーション能力が最重要視され、一部の研究開発職での採用を除くと大学の成績はほとんど重視されないことが多かったが、成績に注目する企業が現れた、という内容だ。

ただし、成績を採用基準に取り入れると言っても「成績が良い(悪い)→=真面目(不真面目)」といった評価を下すことが目的ではなく、成績から学生の「耐える力」を見抜くことが目的であるらしい。



これだけでは意味が全くわからないと思うので詳しく説明すると、例えば必修単位である語学の成績に注目し、1年次の語学Iの成績が5段階中2であり続く2年次の語学IIの成績が5段階中4であれば「避ける事ができない必修科目から逃げずに耐えて単位を取得し、しかも成績を伸ばすことができた」として「耐える力」の評価がプラスになるようである。

企業がこういった「耐える力」を重視する採用にシフトしているのは、入社後の早期離職してしまう学生を採用することを避けたいという狙いがある。一般的に仕事はやりたくないことや嫌なことが多いが、「耐える力」を身に付けている学生であれば早期離職する可能性は低いであろう、と判断するとのこと。



ニュースを見ていて「耐える力」とか言い出した時点でかなり違和感があったのだけど、相変わらず早期離職の原因を学生(新卒入社の社員)にあるとみなす傾向があるんだな、と改めて感じた。

この企業は大手化学メーカーの「帝人」(ニュースに登場した人事部の社員の名前でググったら判明した)であり、採用ページを見る限りは福利厚生はかなりしっかりしてそうだし「やりがい」や「成長」といったブラック企業の決まり文句を全面に押し出している様子もないので、世の中の多くの会社に比べればかなりまともな労働環境なのだろう。

しかし、早期離職者対策に頭を悩ませているということは、やはり会社のどこかに「耐えられない」要素(深夜残業、休日出勤、パワハラ、etc)が存在しているのだと思う。これがもし仮に毎日定時退社で残業なし、有給フル消化、理解のある上司や先輩がいて風通しが良い、という会社だったとしたら、早期離職者が多くて問題になるということはほとんどあり得ないはずだ(それでも離職者が出たらその人はそもそも会社勤めに向いていないだけであるので諦めるしかない)。



早期離職者を減らすために様々な対応を練ろうとする努力は素晴らしいけれど、相手にばかり原因があると思い込むのではなく、自社の労働環境についても見直しや改善を行っていかなければ早期離職者はいつまでたってもいなくなることはないのではないだろうか。



   スポンサーリンク