日本の会社は手書きの履歴書による履歴書占いが大好き

履歴書は手書き?それともパソコン?

就職活動の際には必ず作成しなければならない履歴書について
手書きが良いのか、パソコンで作成が良いのか、よく話題になっている。


手書き派の言い分は

「手書きであれば応募者の熱意や人格が伝わるし、
パソコンで作成するなんて心がこもっていない!」

とのことらしく、また、パソコン派の言い分は

「いまどき仕事の書類も全部パソコンで作成するのに
 履歴書だけは手書きでなければならない理由がない。」

という感じが多い。


僕はもちろんパソコン派である。


パソコン不可の会社は履歴書占いでもやっているのか?

上記の通り、履歴書が手書きでなければならない理由がどこにも存在しない。

手書きでもパソコンでも履歴書の内容は全く変わらないしパソコンの方が
圧倒的に見やすい上に完成までにかかる時間も圧倒的に短いので効率的だ。


などと言うと、手書き派の「手書きでなければ応募者の熱意や
人格が伝わってこない」という反論が聞こえてきそうだけど、
熱意や人格なんて履歴書ではわかるはずなんてない。

仮に手書きであれば熱意や人格を判断できるとするのであれば
世の中のサラリーマンは熱意溢れる人格者ばかりということになるが
そんな素敵な会社はあるのだろうか?

あなたの会社の同僚や部下、上司を見れば一発で答えはわかるはずだ。


履歴書で熱意や人格を判断しようとするのは血液型占いで
人の性格を判断しようとするのと全く同じことだ。

採用試験で血液型占いをする会社なんて普通は存在しないが、
その理由は血液型で人の性格を判断できないことはわかりきっているからだ。

それと同じで手書きの履歴書による履歴書占いをやる必要性なんてどこにもないのだ。



   スポンサーリンク