学校に同じ競技の部活動が2つ以上あれば部活動を辞める生徒は減少する

中学校や高校の学生時代に何らかの部活に所属していたという人は多いと思う。僕は中学校・高校ともに陸上部に所属していたので放課後は毎日陸上競技場に通って練習に励んでいた。

そんな学生時代に多くの人が経験する部活動について一つ言いたいことがある。それは、同じ部活が1つの学校に2つ以上あっても良いじゃない、ということだ。(※以下の内容は、部活は強制参加ではなく自由参加(帰宅部OK)であるという前提の元に書かれています。僕の生まれ育った地域ではそうだったので。)

野球部やサッカー部が2つもしくは3つある、というように同じ部活動が2つ以上存在する学校は基本的に存在しないだろう(軟式野球と硬式野球、軟式テニスと硬式テニスは似ているが別競技だ)。少なくとも僕は聞いたことがない。理由はもちろん同じ部活が2つ存在するのは人的にも金銭的にも無駄だからということだと思う。

確かに、同じ競技をやるのであれば1つにまとめてしまった方が人数もたくさん集まるし部活動の運営自体も楽なのは間違いないだろう。しかし、ある競技の部活動が1つしか存在しない現状では、部活動の方針が生徒に合わないときには生徒は部活を辞めるしかない、という問題がある。

生徒が部活を辞めてしまう理由として多いと考えられるのは、顧問と反りが合わないから、とか、練習がキツ過ぎるから、といったものが大多数を占めると思われる。前者については、顧問の生徒に対する好き嫌いが激しくて自分だけ著しく差別的な扱いを受ける、指導と称して暴力や暴言が繰り返される、といったことが挙げられる。後者については、勝利至上主義であるが故に土日も含めて毎日朝から晩まで練習があって部活動がキツすぎる、部活動以外にやりたいことができない、といったことが挙げられる。

生徒のやりたい競技の部活動がその生徒に合わなかった場合は部活動をやり続けることは不可能なので、競技そのものは好きであったとしても辞める以外の選択肢は存在しない。これは生徒にとってもその競技の将来を担う人材を育成する上でに非常に大きな損失になると思う。しかし、このような問題は同じ学校に2つ以上の部活動が存在すれば大抵の場合は解決されるはずだ。

何故なら、どうしても顧問との相性が悪かったり、暴力を行ったり暴言を吐く顧問がいるならば、そのような部活から同じ競技の別の部活動に移れば良いだけだからだ。顧問の暴力・暴言問題については、大勢の生徒が次々と部活を移ることで問題が発覚しやすく学校側も対処せざるを得ない、というメリットもある。

また、同じ競技をやるにしても勝つことを目的に部活漬けの生活を送りたい生徒もいれば、勝ち負けには拘らずに競技そのものを楽しみたいという生徒もいるはずだ。そういう生徒たちのために同じ競技でも活動方針が違う部活動というものがあれば、競技そのものは好きだけど練習がキツいから辞めるしかない、という選択肢を選ぶ生徒の数は減るはずだ。もし、最初は勝ち負けなんてどうでも良いと思っていたけど本気で部活動に打ち込みたいと思うようになったという生徒が現れたらそのときは勝利主義の部活の方に移れば良いだけだ。

このように、生徒のことを考えると同じ競技であっても部活動は複数あった方がメリットが大きいと思う。僕が所属していた陸上部にも、顧問と合わないから、勝つことだけが目的になっていて練習がキツ過ぎるから、という理由で辞めていった人が結構いたが、競技そのものは好きな人達だっただけに非常に残念なことだと当時から感じていた。

もちろん、同じ学校に同じ競技の部活動が2つ以上、というのは現実的には難しい問題だろう。しかし、誰のための部活動か、ということを考えれば生徒の可能性を伸ばすことができる方法を考えていく必要があるのは間違いないと思う。



   スポンサーリンク