大阪市立桜宮高校の体罰自殺事件。学校内に独自ルールが蔓延る村社会日本

大阪市立桜宮高校の男子バスケットボール部でキャプテンを務めていた男子生徒が顧問教師からの体罰を苦に自殺した事件が話題となっている。生徒を自殺に追い込むまで「指導」と称して体罰を繰り返していた点や周りの教師がそれを知りながら黙認していた点、校長が生徒の自殺後まで体罰の事実を把握していなかった点が問題視されているようだ。

今回、生徒が自殺してしまったことにより問題になっているが、もしそのまま体罰に耐えながら学校生活を送っていたら生徒が卒業するまで(そして卒業した後も)体罰は厳しい部活動の一環として注目されていることがなかっただろうと考えると非常に恐ろしいことだと思う。

僕は学生時代から身近な人が体罰を受ける度に違和感を常々違和感を感じていたのだけど、学校で教師により行われる体罰の多くは「体罰ではなく単なる暴行」であると思っている。もちろん、全ての体罰が暴行であるとは考えていない。僕自身、咎められて然るべきという悪さをして先生から平手打ちやげんこつを食らったことがあるが、それは自分の悪さへの罰として、反省を促すためのきっかけとして教育的に意味があるものだった感じている。

しかし、ほとんどの場合において、教師によって行われる体罰は教師が単に怒り等の感情に任せて殴る・蹴る・物を投げるといった行為を行なっているだけであり、教師自身のストレス発散や癇癪としか捉えられないことが多い。当然ながらそこには教育的な意味など存在しているはずがない。

今回の事件では体罰の被害者はバスケットボール部の主将である。主将であるからには、周囲からの信頼が厚く真面目で練習熱心で他の部員の模範となるような生徒だった可能性が高い。そう考えると、その生徒が「罰」を受けるような行動を取っていたとは考えにくいため、生徒に対して行われた体罰は教師のストレス発散や癇癪だったとするのが自然だ。実際、ニュース記事内に記載されていた内容では生徒が体罰を受けた理由として「試合中にミスを繰り返した」という点が挙げられていたが、ミスを繰り返すことは罰を受ける理由にはなり得ない(しなければならないのは顧問がミスを防ぐための対策を考えて生徒に指示すること)のだから、やはり体罰は教師のストレス発散・癇癪だったということで間違いないだろう。

世の中では如何なる理由があろうとも他人に殴る蹴る等の行為を行うこと暴行罪が成立する立派な犯罪行為である。電車の中で隣の人と肩がぶつかってイライラしたからと言って相手を殴ったら警察のお世話になってしまうことは誰にでもわかることだ。ただ、先程も述べたような”教育的な意味を込めた場合の体罰”に限って家庭や教育の場では体罰が黙認されているに過ぎないのだ。

※誤解のないように言っておくと僕は体罰に両手を挙げて賛成しているわけではない。教育の方法として「何故ダメなのか?」を悪さをした相手に落ち着いて説明して反省を促すことが最も優先されるべきことだが、それでも悪さを繰り返すときには最終手段として体罰もやむを得ないだろうという考えだ。もちろん、感情に任せて殴る蹴るというのは論外である。

しかし、そういった事情を無視して体罰という免罪符を用いれば殴る蹴るという行為が暴行罪に問われないと勘違いしている教師が非常に多いし、学校側も「教育の一環だから暴行ではなく体罰であり許される行為である」という独自のルールに基づいて事を問題視しないケースが一般的だ。(こういった独自ルールの適用は体罰だけではなく学校内のいじめにもよく見られる。)

今回の事件では特に体罰を受ける機会が多かった自殺した生徒以外の部員も顧問から日常的に体罰を受けていたようだ。本来であればこんな顧問は即警察のお世話になって教師など続けられるわけなどないのだが、大阪市立桜宮高校の独自ルールによって表沙汰になることなく体罰がエスカレートして生徒が自殺してしまうという最悪の結果となってしまった。村社会日本の恥ずべき事件である。

このような学校現場は決して珍しいものではないので現状のまま放っておけば同じような被害者が今後出ないとも限らない。早急に独自ルールが蔓延る学校という村社会の構造を作り変えなければならない。



   スポンサーリンク