マンガで勉強する労働基準法

労働基準法を勉強して多くの正しい知識を身に付けることは、労働者が会社にいいように使われないようにする自己防衛手段の一つとしてこととても重要だ。


正しい知識がなければ、会社でサービス残業や有給休暇取得の却下といった労働基準法違反が堂々と行われていたとしてもそれが違法行為だと気付けず知らないうちに損をしてしまったり、会社の違法行為に抗議するにしても自信を持って声を上げることができないなど、何かと不都合な点が多い。

このように労働基準法は労働者にとって必修科目だと言えるけど、労働基準法の条文を読んで内容を理解しようとするのは困難だし、市販されている解説本を読んで勉強するに先ず本を買いに行く必要があるので忙しいサラリーマンにとっては結構大変なことだ。



そこでオススメしたいのがWeb上で無料で読める労働基準法を題材にしたマンガだ。最近、以下のようなものを発見したので紹介したい。

なるほど!!マンガで納得労働法
http://www.rosei.jp/jinjour/list/series.php?ss=3072&bk=category/?sc=2

マンガなので肩の力を抜いて気楽に読めむことができるし、しかも無料だ。更に、ネット上に公開されているので通勤時間の暇つぶしに読むことができる点も良い。

取り上げられている事例として「ありがちだけど労働基準法上どういう扱いになるのかがよくわからないケース」が多いのも非常にためになる。例えば、「第9回 休日出勤をすれば、休日手当は必ず出る?」の答えはノーなのだけど、必ずしも「休日出勤=休日手当」とならない理由には思わず「なるほど。」と頷いてしまうだろう。



全10回なのであまり分量は多くないけれど、労働基準法の勉強を始める取っ掛かりには最適だと思うので是非ヒマなときに読んでみて欲しいと思う。

マンガを全部読んだら、次は以前書いた『厚生労働省「労働基準法に関するQ&A」のススメ』の記事内で紹介している厚生労働省のHP内にあるQ&Aを読んでみて欲しい。こちらはマンガではなくただのQ&Aだけど結構わかりやすいのでオススメだ。



   スポンサーリンク