仕事を抱え込むことで仕事量の調整を図る

各社員が担当するの仕事の範囲が曖昧なせいで、仕事を終わらせたらすぐに新しい仕事が舞い込んでくるということは珍しいことではない。


あれもこれもと際限がないせいで仕事を早く終わらせれば終わらせるほどやらなければならない仕事量が多くなるにも関わらず給料は全く増えない(残業代分は増えるかもしれないが基本給が増えることはない)この理不尽な状況を何とかして解決したいと考えている人は多いはずだ。



そんな人達に、僕は「とにかく仕事を抱え込むこと」をオススメしたい。

仕事を抱え込むといっても、「自分の能力やキャパを超えた仕事を率先して抱え込む」ということではなく、「仕事が完了してもその成果をあえて提出(報告)せずにあたかもまだ仕事をしている最中であるように振る舞い、提出(報告)期限ギリギリまで表に出さないようにする」のである。

「仕事を終わらせたら新しい仕事が降ってくる」ということは逆に言えば「仕事が終わらなければ新しい仕事が降ってくることはない」のだから新しい仕事をやりたくなければ、故意に仕事が終わらないようにすれば良いというのがその理由だ。



僕自身、最近はこのような方法で仕事をこなしているけど、自分が本来担当している仕事をできるだけ邪魔されずに進めたい、というときに特に効果的だと感じている。頼まれていた担当外の仕事を完了させた後に提出しないで放置しておけば、新たな担当外の仕事が舞い込むことはあまりないので、目の前の仕事に集中して取り組むことができるからだ。

もし、その担当外の仕事をさっさと終わらせて提出してしまったら新たな担当外の仕事が舞い込んでくるかもしれないし、もしくは提出した内容に関して上司からあれこれ質問を受けるハメになったりして落ち着いて自分の仕事を進めることなんて到底できないだろう。



とは言っても、毎回あまりにも期限ギリギリまで粘り過ぎると「こいつは仕事が遅い。」と無能扱いされてしまったり、提出後に修正が必要だと判断されたら期限に間に合わせるために残業で対応しなければならなくなってしまう危険性があるので、実際には提出期限に多少の余裕を持った方が良い。

また、上司や先輩から具体的な進捗報告を頻繁に行わなければならないような職場であれば、完成してしまった仕事を隠したままでいるのは困難だと思われるので、仕事を溜め込んでおくのは現実的ではないかもしれない(何らかの資料作成のような仕事であれば、完成したものとは別に作成途中のファイルを複数残しておいて進捗報告時にはそれらを順に見せていく、という方法も考えられるがその辺りは自己責任で)。



しかし、それでも自分で仕事量を調整するためには「できるだけ仕事を終わらせないようにして新しい仕事が降ってくることを避ける」必要があるので、職場の雰囲気や仕事の進め方等を考慮した上で何とか実践してみて欲しいと思う。



と、ここまで書いてみて思ったけど、会社員が「如何にして仕事を終わらせないようにすべきか?」という仕事のやり方を考えてしまうような日本の会社の仕事効率は最悪なんだな、と改めて実感してしまった。



   スポンサーリンク