「お前からやる気が感じられない!」という言葉が飛び出す会社で成果主義は成立しない

近年、日本の会社の昔からのスタンダードだった年功序列をやめて成果主義を導入する企業が少しずつ増えている。

年功序列は年齢や勤続年数に応じて役職や給料が上がっていくが、成果主義の場合は給料は年齢や勤続年数に関係なく仕事の成果のみで評価されるという点がそれぞれの特徴だ。成果主義の会社では入社してすぐに高給取りになれる可能性があるので能力の高い人には最適な職場ということができるだろう。

ただ、成果主義においては仕事の評価は誰もが納得できるような基準で客観的に行わなければならない点に注意しなければならない。評価の基準が曖昧では「なぜ自分の評価がこんなに低いのか?」とか「なぜあいつの評価はあんなに高いのか?」と言った不満が続出してしまうからだ。

その点、日本の多くの会社では、成果主義が採用されていても正しく機能しているということはほとんどないだろうと僕は思っている。その理由は、会社で「お前からはやる気が感じられない!」というような言葉が飛び出ることが全然珍しいことではないからだ。もう少し詳しく言うと、「やる気」という数値化が難しい尺度を使って社員に対してあれこれ言うような職場環境では誰もが納得できるような客観的な評価システムを作ることなんて到底できるとは思えないからだ。他にも、「頑張っている」とか「覇気がある」といった言葉を用いるような場合も同様だ。

あなたの勤めている会社が成果主義を採用しているにも関わらず上記のような言葉が飛びかっているのであれば、一度疑ってかかってみた方が良いと思う。そして、もし自分を含めて社員の評価に少しでも疑問を感じるのであれば、成果主義が形骸化してしまって正しく機能していない可能性が高いと考えて間違いがないと思う。



   スポンサーリンク