上司のマネジメント能力のなさは異常

仕事がデキる=昇進する

上司になるような人は仕事がデキる人であることが多い。

日本の会社の仕組みでは個人の仕事の成果で昇進が決まるのだから
何もおかしなことはない。

しかし、昇進して上司になったからといって、
上司としての仕事がデキるかどうかは全くの別問題である。


プレイヤーとしては優秀でもマネージャーとしては微妙な上司

長年バリバリと仕事をこなしてきて第一線で活躍してきたのに、
昇進して部下を持つようになったとたんに
自分より仕事をこなす能力の劣る部下に仕事を任せなければならなくなってしまうので
上司としてはかなりストレスが溜まるだろう。

「俺だったら苦もなくできることなのに、
 何であいつはこんな簡単なこともできないんだ!?」

と思ってしまうことは多いはずだ。


しかし、ここで頭ごなしに部下を叱責するようではマネージャーとしては失格だ。

何故なら、上司の仕事は能力の違う部下に仕事を任せて成果を上げることだからだ。


ただ、残念なことに現実的には

「何で俺が仕事のデキない部下に配慮して仕事を与えなければならないんだ?
 みんな全力で俺と同じように働け!」

という上司が多く、とにかく仕事をこなせとスケジュール管理も個人の能力も把握しないままに
仕事を振りまくるようになったり、痺れを切らして自ら前線へ出てきて
仕事をこなし始めてしまうことが多い。

こなってしまったらプレーヤーとしては優秀であったとしても、
マネージャーとしては非常に微妙である。


有能な怠け者が上司になるべき

上司に向いているのは他人を上手く駒として扱うことができる人だろう。

自分は動きたくないけど仕事で成果を出すための的確なビジョンを持っている
有能な怠け者タイプがぴったりだ。

こういうタイプの上司が増えれば会社全体の業績も上向きになるはずなので、
いつまでも優秀なプレイヤーを昇進させて上司にするような仕組みに拘らないで
有能な怠け者タイプの上司を育てるような仕組みを作るべきではないかなと思う。



   スポンサーリンク