飲みニュケーションが大好きなコミュ障上司

楽しい忘年会でした

今日は会社の忘年会だった。

僕は普段、会社の本来の事務所とは別な臨時の事務所で働いており
職場の人間関係が極めて限定的なので、こういった機会に多くの人と
話ができるのは非常に嬉しい。

僕自身お酒が好きなので、たまにしか会えない人と色々と話せる&
お酒が飲めるという楽しみを同時に味わえる点がとても良かったと思う。


飲み会=説教大会

しかし、以前の僕は上記のように飲み会を楽しめるような人間ではなく
アンチ飲み会なタイプで、職場の人間と一緒には死んでも飲みたくない
というくらいの飲み会嫌いな人間だった。
(今でも数時間拘束されてしまうのであまり好きではないけれど
 以前のように死んでも行きたくないという気持ちは全くないし、
 実際に行けばそれなりに楽しいとは思う。)

というのも、今の職場では飲み会のときに仕事の話をする人はほとんどいないのに対して、
以前の職場では飲み会では仕事の話がメインの話題だったからだ。

もともと仕事嫌いの僕としては定時後に仕事には一切触れたくなく、
飲み会でわざわざ仕事の話をする人の神経が全く理解できないのである。

しかも、飲み会で仕事の話を持ち出す人(主に上司や年配社員)に限って
「お前のあそこがダメだ。」とか「お前は仕事を舐めている。」といったような
説教話しかしない(しかも逃げられない)ので非常に質が悪かった。


飲みニケーションに頼るのはコミュ障の証拠

飲み会ではお酒が入ることでなんでもざっくばらんに話せるようになるので
参加者同士のコミュニケーションが捗り、それによって仕事も順調に進むようになる、
という話があるが僕にとってみればそれはクソみたいな理論である。

そもそも仕事というのは関係者と仲が良かろうが悪かろうが
共通の目的に向かって意思の疎通を図りながら波風を立たせずに
粛々とやるべきことをこなしていくものだ。

にも関わらず、飲みニケーションがなければ仕事が上手くいかない、などと言う人がいれば
そいつは間違いなくコミュニケーション障害だ。

何故ならお酒の力に頼らなければ関係者と協力して仕事をこなすことができないと
言っているのと同じことなのだから。


ということで、やたらと部下を誘って飲みニケーションをしようとする上司がいたとしたら

「相手が嫌がっていることにも気付かず誘い続ける空気の読めない奴である上に、
 お酒が入らなければ他人と仲良くなることができないコミュ障」

である、と思って間違いないだろう。



   スポンサーリンク