社員は業務の仕組みの不備の調整弁

残業や休日出勤は例外

いまのご時世仕事があるだけでもありがたいという意見がある。

これが定時内で終わるような適度な量であれば本当にありがたい話なんだけど
仕事がある人のところには定時内では到底終わらない量の仕事があるらしく
残業や休日出勤がデフォルトとなっているケースも多い。

社内に残業&休日出勤をしまくる人がいるならば、
本来は会社が率先して他の社員に仕事を振り分けるなり新しく人を採用するなりして
特定の人物に負担がかからないようにしなければならない。

何故なら、各社員が担当する仕事はあくまでも定時内に完了できる量が
割り当てられるべきであり残業や休日出勤は突発的な案件に対応するために
やむを得ず行うものである、というのが基本的な考え方だからだ。


社員は調整弁の役割を果たす

ところが、残業や休日出勤をしなければならない社員がいたとしても現実には
会社がそういった対応を講じることは極めて稀である。

会社が本来やらなければならない各社員の仕事の量の調整や人員配置などをやらなくても
社員に残業や休日出勤をさせれば会社全体としては仕事が回ってしまうため、
わざわざ手間のかかることをやるつもりなんて一切ないというわけだ。


このように会社の業務の進め方に不備があったとしても、社員が残業や休日出勤で
対応することにより会社が成り立っているため、社員は調整弁の役割を担っている、
と僕は考えている。


調整弁に負荷をかけすぎると壊れる

社員が調整弁として会社の業務の仕組みの不備を吸収して残業や休日出勤を
行なっているということは、定時に仕事を終わらせて帰宅するような通常の場合と比べて
社員に負荷がかかっているということだ。

この負荷もある程度のレベルで抑えられているのであれば会社全体としては
問題なく業務が進んでいくんだろうけど、調整弁に頼りきってしまって
負荷をどんどんかけていくとあるとき限界を超えてあっさりと壊れてしまうだろう。

事実、競争が激しい飲食業界や販売業界では少数の社員に負荷がかかってしまった結果、
過労死してしまったり、精神的に病んでしまったりするケースが少なくない。


もしあなたが残業や休日出勤をする機会が多いというのであれば
会社の調整弁として利用されている可能性が非常に高いので、
負荷がかかりすぎて壊れてしまう前に仕事の量を減らすために
何らかの対策をとって欲しいと思う。



   スポンサーリンク