仕事が厳しくないといけない理由

厳しくなければ仕事ではないという風潮

仕事とは厳しく辛いのが当然である、という考え方が世の中には蔓延っており
実際に働くとしんどいことが非常に多い。

長時間の残業(サービス残業含む)や休日出勤、上司からの激しい叱責、
極端な顧客第一主義によるモンスターカスタマーへの対応など
挙げればキリがない。

そういった背景があるため、給料は仕事への対価ではなく
仕事の厳しさや辛さに耐えた我慢料とよく言われる。


もちろん仕事である以上は責任を持ってしっかり取り組む必要があるので
ときには辛いこともあるだろうけど、仕事には異常なまでの厳しさや辛さがあると思う。

こんな状況では仕事そのものがストレスになってしまって
社員一人一人が良いパフォーマンスを発揮できるわけもないので
一刻も早く改善されるべきだがなかなかそうはいかない。

今日はその理由について考えてみたい。


仕事の厳しさを否定することは社畜の人生を否定すること

仕事が厳しい理由としては主に、社員数を増やす余裕がない、
他社との競争激化などが挙げられるが、私としては

「仕事が厳しくなければ社畜の今までの人生が否定されてしまうから」

という点に注目したいと思う。


では、これは一体どういうことなのか?


仕事熱心な社畜の方々は入社から現在まで、朝から晩まで一日のほとんどの時間を
仕事に費やしてきた。

場合によっては休日出勤も厭わずに行なってきたはずなので
社畜の方々にとっては、「厳しい仕事=人生そのもの」ということだ。

つまり、「仕事は厳しいものである」という価値観を否定するような考え方が
世の中の主流になってしまうと、今までの自分の人生全てが否定されてしまうことを
意味している。

このような理由があるために仕事の厳しさはなかなか改善されることが
ないんだと僕は思う。


負の連鎖はあなたの代で終わりにしよう

あなたは今現在、
「仕事が厳しいという考え方なんで自分が出世したら全部変えてやる!」と
意気込んでいるかもしれない。

ただ、あなたが出世できるのは長年厳しい仕事に耐えぬいた末の話なので
そのときには「厳しい仕事=あなたの人生そのもの」になってしまっている
可能性は大いにあり、仕事は厳しいという価値観を否定できなくなってしまうかもしれない。

しかし、あなたには勇気を持って仕事=厳しいという価値観をぶっ壊してもらいたい。


あなたの子供や孫、その更に下の世代が厳しい仕事のせいで
無駄に苦しむ必要なんてないんだから。



   スポンサーリンク