社員の幸福を追求するホワイト企業「メガネ21」について

数多くのブラック企業が蔓延る日本社会において、一際輝くのがホワイト企業だ。広島県広島市西区の「メガネ21(株式会社21(トゥーワン))」もその一つである。


メガネ21
http://www.two-one.co.jp/
http://www.two-one.co.jp/a21/

初代社長の平本清が広島県広島市中区の「メガネの田中(メガネの田中チェーン株式会社)」を解雇された後に、同じく解雇されたメンバー達で創業したのが始まりだ。このときの解雇はメガネの田中内で勃発した社長の椅子を奪う争いに巻き込まれた結果であり経営陣が原因で平本清氏本人だけでなく解雇された多くの社員が不幸になってしまった経験から、メガネ21では「21は社員の幸福を大切にします。社員は皆様の信頼を大切にします。」という社是を掲げ、公式HP内で「社畜」を否定している。

そのため、社員の幸せが顧客サービス向上へ繋がることを期待し、メガネ販売店でありながら販売ノルマが一切存在しないし、社員間での待遇差に不満が出ないよう(不満があれば意義を唱えられるよう)に全社員の年収や評価ポイントは社員なら誰でも閲覧できるようになっているらしい。

加えて、「会社に利益を残さず、値下げで還元する。」という経営方針であるのだから、社員も顧客も大満足な超絶ホワイト企業であると言って良いだろう。

経営方針&社是
http://www.two-one.co.jp/a21/page1-5.html
Q&A内『休日出勤はありますか?』(「社畜」について言及)
http://www8.two-one.co.jp/megane/qa.nsf/c632027efe0c30f5c925758500277bfe/6c17656614f8f85c4925709700214cdf?OpenDocument



ただ、入社したら定年までノルマなしで気ままなサラリーマン生活ができるかと言うと決してそんなことはない。採用はコース分けされており、そこそこの給料でやっていくのか、将来の自分の食い扶持は自分で稼ぐのかを選ばなければならない。

  • 一般コース ・・・ 完全週休二日制で残業なしの週40時間勤務だが昇給が30歳で止まる
  • 共同出資コース ・・・ 将来的に共同経営を目指す(残業&休出あり)
  • 独立支援コース ・・・ 10年程度で将来的に独立開業を目指す(残業&休出あり)
  • チャレンジコース ・・・ 3年で共同出資コースか独立支援コースかを選ぶ(残業&休出あり)
  • 跡継ぎコース ・・・ 家業のメガネ屋を継ぐために修行する(アルバイト待遇)

年功序列で毎年給料が昇給していくような仕組みをネガネ屋で維持するのは困難であるため、このような仕組みになっているらしい。

普通のサラリーマンにとっては昇給停止や10年程度で会社を出て独立しなければならないというのは非常に厳しい制約であるけれど、入社前から将来的に進まなければならない道が示されておりそれを選択するのは社員自身であるので、特に問題にはならないだろう。

求人票に書いていた内容と全然違う仕事をさせられたり、正社員としての採用だったはずなのに何故か契約社員やアルバイトとして働かなければならなかったり、最近ではハローワークで見つけた会社が実は詐欺会社だった等、採用前後で待遇が全然違うことが少なくないことを考えると、極めて良心的であるし、会社の経営方針が一貫しているのはブレがなくてとても良いことだと思う。



メガネ21のHPにあるQ&Aには経営手法や労働条件だけでなく税務署や労働局からの指摘事項まで数多く掲載されているので、一度読んでみると面白いかもしれない。

Q&A
http://www8.two-one.co.jp/megane/qa.nsf/GeneralRelease5?OpenView&Start=1&Count=200&ExpandView



   スポンサーリンク