2014年も仕事をしている場合ではない

新年最初の更新なので今年の目標について。




暦の関係で2013年末から2014年の年始めにかけては有給を使わずして9連休を取得できたため、かなり充実した休みを過ごすことができた。友人達との飲み会、読書、撮り貯めたテレビ番組の鑑賞、Androidアプリの開発、運動、温泉通い、etc、挙げていけばキリがないが、普段やりたいと思っていた趣味や娯楽を沢山こなすことができたので非常に満足している。



しかし、満足感や充実感を得た一方で、僕がいまやりたいと思っていることを全部やるには到底時間が足りないということを痛感した9連休でもあった。今回の連休中はほとんどの時間をダラダラすることなく「あれをやろう、これをやろう」と目的意識を持って過ごすことができたので、無駄にした時間はほとんどない。年末に飲んだ翌日に二日酔いでダウンしていたときでも横になってひたすら本を読んでいたり、大晦日に惰性で紅白歌合戦を見たりせずにひたすらプログラミングをしていたくらいなのでこの点は間違いないと断言できる。

にも関わらず、やりたいと思っていたことの50~60%くらいしか消化できなかった。図書館で借りてきたのにまだ読んでいない本、未消化のテレビ番組、着手できなかったAndroidアプリへの機能追加、もっとやりたかった運動、もっと行きたかった温泉、etc、と、9連休最終日にしてやりたいことはまだまだ山積みである。



明日から仕事が始まって会社員生活も平常運転に戻り、自分の時間は平日夜の数時間と週末のたった2日の休みだけとなってしまう。たまに3連休があるが、今回の年末年始の9連休と比べると気休め程度にしかならない。

また、職場の事情として、今年から社員が1人減るので仕事の負担が増え、その影響で残業や休日出勤が増える可能性が非常に高い。そのため、2014年はただでさえ少ない自分の時間が更に減ってしまう心配があって油断できない。



ここで、最初の話に戻って2014年の目標について。

やりたいことが山積みであるのに仕事が忙しくなりそうな年であるからこそ、職場での慣れ合いや無意味な慣習を避ける、仕事を受け過ぎない、自分でなくてもできる仕事は積極的に他人に振る、等を意識しながら仕事をするように努めて、2013年以上に貪欲に自分の時間を確保していきたいと思う。

仕事量が増える予定なのに矛盾しているかもしれないが、僕にはやりたいことが多すぎて2014年も仕事をしている場合ではないのである。



   スポンサーリンク