残業のストレスで僕に社畜化の兆候が現れてしまった件

僕の話だけど、ここ3ヶ月ほど残業が多くストレスが溜まっているせいでイライラしているのか同僚に対して理不尽な不満を感じるようになってしまった。内容は以下のような感じだ。

  • 「来るのが遅い。」
  • 「暇なんだからもっと仕事をやって欲しい。」
  • 「使えない。」

いずれの不満もふとしたときに心に浮かんできてしまう。しかし、冷静に考えれば非常に自分勝手なものであることは明らかだ。

  • 「来るのが遅い。」
     →始業時刻の5分前~やや遅れるくらいなので目くじらを立てるほどのことではない。というか、僕は管理者ではないので同僚の遅刻にあれこれ言うのは筋違いである。

  • 「暇なんだからもっと仕事をやって欲しい。」
     →同僚の仕事量は残業が多い僕と比べると少ないというだけで、絶対的な量は約1日分かそれよりも多いくらいなので全然暇ではない。

  • 「使えない。」
     →上記の通り残業が多い僕よりも同僚の方が(相対的に)仕事量が少ないので僕の手が回らないときに仕事をお願いすることがある。その際、完成した資料などに軽微な誤字等があっただけでお願いしている立場にも関わらずイラっとしてしまうことがある。

仕事が忙しくない状況であればこんなことは全然思わないのだけど、こんなに自分勝手でドス黒い不満が湧いてくるあたり僕自身が社畜化してきているのかなとかなり不安になる。

もちろん、僕は社畜が大嫌いなので自分自身が社畜になってしまうなんてのは真っ平御免だ。そのため、自分勝手な不満が湧いてきてもそれを実際に同僚に言うことはないし態度に出すこともなく平静を装っている。しかし、このまま不満が募っていき、ふとした瞬間に同僚に不満をぶちまけてしまったらそのときが僕の社畜人生の第一歩になってしまうのだろう。

繰り返しになるけれど僕は大嫌いな社畜になることなんて望んでいない。適正な仕事量になってストレスと不満が自然と減っていけば一番良いのだけど現実的にはそれは望めないので、自分を律することで社畜化しないように努めていきたいと思う。



   スポンサーリンク